太陽光発電ファンドってなに?

太陽光発電が投資になる?

太陽光発電は多くの方がある程度どういったものなのか理解しているものでしょう。
ソーラーパネルを設置して、太陽光から発電をするというものでいわゆるメガソーラーから最近では一般家庭においてもソーラーパネルを設置して自家発電で日中の電気を賄ったり、余った分の電気を売電することで利益を上げている方は多いです。
太陽光発電は売値が高いので設置することで利益を出すことが容易なのですが、一軒家などであれば設置することは出来ますがマンションなど賃貸の住居に住んでいる人は当然導入することが出来ません。
また、自宅で発電出来る場合でも全量買取制度の対象からは外れるので、あくまでも節約程度になります。
しかし、太陽光発電ファンドを利用することで太陽光発電を投資しとして見ることが出来るようになります。

分配金で利益を得る太陽光発電ファンド

では、太陽光発電ファンドとはどういったものなのかですが、ファンド出資者の出資金により大型の太陽光発電所を建設し発電した電力を電力会社に売電し収益を出資者に分配するというものになります。
太陽光発電ファンドは非常に利益率が高いことから人気が高まっていて、出資した合同会社は20年間買取をしてもらえるので長期的に安定して利益が期待出来ます。
ファンドというとリスクの心配をする方も多いですが、太陽光発電ファンドの場合は太陽光発電所のみの限定投資になるので比較的リスクが低いことも人気の理由の一つです。
メンテナンスなど面倒なことは全て任せることができ、発電所の稼働状況を確認するだけで大手銀行の数十倍の利回りを得ることが出来るのです。