リスクはあるの?太陽光発電ファンドのデメリット

市民出資型で太陽光発電!

太陽光発電ファンドとは、市民出資型のファンドで、投資と環境貢献を望む人から小口の資金を集めて、大型の太陽光発電を運営するシステムです。売買収益から運用費などの必要経費を差し引いた額を出資者に分配することになります。流れとしては、活用されていない土地や工場、そして倉庫などの施設をファンド運営会社が確保し、新しく設置した合同会社を通じてファンド出資者を公募します。
合同会社は集まった資金により、太陽光発電の設備を設置し、電力会社に電力を売ることになります。通常の電力会社との契約では、電力の売却期間は20年ほどになっており、原則として売却価格は固定されることになります。但し、社会情勢等の変化で、売却価格は変動する可能性もあります。

太陽光発電ファンドは損か得か?

太陽光発電は安定して収入が得られ、投資対象として優れている面がありますが、同時に、いくつかのデメリットもあると言えます.先ず、発電所の用地リスクが挙げられ、安全な場所が選定されるといえども、地震などの災害は予知できないわけです。そして、現在のところ、地震に対しての、太陽光発電所のリスクをカバーする保険は存在しないのが実情です。また、20年間、電力の買取価格が変更できないのも、ある種のデメリットになります。今後、物価が上がって運営経費が上昇すると、買い取り価格が上がらなければ、運営が困難になるからです。
太陽光発電ファンドの最大のリスクは、日射量によって収益が大幅に変わることです。収益シュミレーション作成時には、NEDO(新エネルギー開発機構)のデータベースを基にしますが、それでも今後の不測の事態は予測できないと言えます。