太陽光発電ファンドのしくみを教えて?

今話題の太陽光発電ファンドってなに?

太陽光発電投資と言う言葉を色々な所で聞くようになりました。ですが、自分とは縁遠い物と思っている方も多いと思います。それは難しそうと考えたり、初期費用が高額になりそうで、二の足を踏んでしまうからでしょう。
ですが、そんな方でも太陽光発電に投資する方法があります。それが太陽光ファンドです、多くの出資者から資金を集めて、太陽光発電システムを運用することで、太陽光発電で得た売電収入を、元本に応じて配当を受ける事が出来ます。一口10万円くらいから始められますので、少ない金額でも投資をすることが出来ますし、出資後は管理する必要はありません。他の金融商品と違い相場を確認しておく必要がないので、投資初心者でも出資しやすいと言うメリットがあります。運用利回りも3%台の物から、8%を越えるものまであるのも魅力でしょう。

太陽光発電投資のリスクも知っておこう。

このように、メリットの多い太陽光発電投資ですが、投資ですからリスクも存在します。
太陽光発電は、国によって20年間の売電が保証されています。しかし、国が投資の収益を保証してくれているわけではありません。
地震や台風など災害の多い日本ですから、災害リスクは存在します。そして災害などで太陽光発電システムが被害に遭った場合は、予定通りの運用利回りを受け取ることは出来ません。
さらに、解約不可であったり、売買市場がないなどの、資金の流動性のなさもリスクとなるでしょう。
全量買い取り制度の適用期間である20年間の期限付きというのが、デメリットとなる方もいるでしょう。
太陽光発電ファンドに投資を行うときは、これらのメリットとリスク、デメリットを鑑みて、行うか否かを決めるようにしましょう。